人体に与える影響

コーヒーは眠気防止があるというけど、どうして?

コーヒーは、今では私たちの生活のなかで 欠かせない飲み物の一つになりました。
中にはコーヒーを毎朝飲まなければ一日が始まらないという人もいるほどです。
コーヒーというと朝食につきものというイメージがあります。

特に朝食が洋食で、トーストにサラダといったメニューの場合は、必ずコーヒーがセットにある家庭が多いでしょう。
また中には和食のご飯でも飲み物だけはコーヒーという人もいます。
特に家庭だけでもなく、ファミレスや喫茶店などでも朝食メニューにはコーヒーをセットしているお店がほとんどになります。

それだけコーヒーが定着したのには、理由があります。
それは、コーヒーには眠気を覚ます効果があるからです。
よく子供のころや大人になっても、夜寝る時間ぐらいにコーヒーを飲もうとすると、親から眠くなれなくなるとよといわれた人が多いのではないでしょうか。

それはコーヒーには、眠気防止の効果があるからです。
コーヒーに含まれるカフェインの働きによって、眠気防止に効果があるといわれています。
カフェインを摂取すると、中枢神経を刺激して脳が覚醒する信号が送られます。
そのため、脳が活性化して眠気防止になるといわれています。

だからこそ朝食にコーヒーは、一緒に摂取するといい組み合わせとして定番化されています。
ただしカフェインの効果が得られるまでには、約30分ほどかかるといわれています。
なので朝コーヒーを飲み、が荒野職場についたころには、脳もしっかり働いた状態にすることができます。

またカフェインを摂取すると集中力も上がるため、一日の始まりにとても最適です。
そして気をつけなければいけないことは、寝る前にコーヒーを飲むことです。
カフェインの働きで脳が活性化してしまい、その状態が1時間から人によっては3時間近くかかってしまうため眠れなくなってしまいます。

なので寝る前はもちろんのこと、数時間前にのまないように心がけた方がいいでしょう。
最近では長期間の運転の際にどうしても高速道路などでは眠くなってしまう人が多いです。
そんな人のために販売されているのが、眠気覚ましのドリンク剤です。

即効性も高く、飲んでから10分後ぐらいには眠気も収まってしまうほどの効果があります。
さらに夜飲んで朝まで眠らず過ごすことができるほど長期間の効果も期待できます。
このようなドリンク剤のほとんどに、コーヒーにも含まれているカフェインが使用されています。

このページの先頭へ